友人の借金返済談

友人がよくカードローンを利用しています。危ないところからお金を借りるよりは…と言っていますが、やはり不安な面もあるようです。お金を借りるという行為なので、自分が本当に返せるであろう見込みがある範囲内でなければ絶対に利用しないことにしていると言っていました。家賃が手渡しらしいので給料日前にお金がないときに利用してしまうと言っていました。

カード会社によっても金利は様々ですし、利用するのであれば大手の銀行系の方が安心みたいです。

ただどんなであっても借金に変わりないのでは?と思ってしまいますが、本人が破滅しない程度の金額で利用してもらいたいと思います。投資の資金としてカードローンで150万円借り入れを行いました。絶対にうまくいくと思っていたのですが結果は真逆でした。思うように利益が得られず、返済が苦しくなりまた別のカードローンに手を出してしまったのです。借金が増えるたび精神は追い詰められ、もがけばもがくほど悪循環に陥りました。結局残ったのは多額の借金でした。投資は余剰資金で行うものという大前提を守らなかった結果です。カードローンは手軽に借りることができ大変便利なものです。しかし、カードローンは総量規制の対象外で、自分の返済能力以上の金額を借りることが出来る可能性もあります。利用する際は確実に返済できる前提が絶対に必要です。・専業主婦でも借りられるキャッシング